IT業界の状況202101

IT業界の状況を知るには、

・ICTの経済分析に関する調査 

 https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/link/link03_03.html

を見ると、いろいろのっている。

 

下記は、ICTの経済分析に関する調査 令和元年度 版 より。

 

・民間企業の投資額の推移

2018年の日本のIT投資額は、12.7兆円、アメリカは5651億ドル(1ドル100円換算で56.51兆円)。日本は微増、アメリカは爆増。

 

f:id:kate-san:20210223161350p:plain

※単位は兆円、1ドル105円換算(2021年2月23日時点)

 

 

・日本の実質GDPの産業別構成比率

ITは約10%。

f:id:kate-san:20210223193211p:plain

 

 

・上記の推移

上向きはITのみ。

f:id:kate-san:20210223191220p:plain

 

・雇用者数の推移

ITは400万人前後を行き来している。GDPは上向きなので、一人あたりが生み出す価値が大きくなっている。要するに生産性が上がっている。

f:id:kate-san:20210223191444p:plain

※単位は万人

 

労働生産性GDP/労働者数)

不動産の生産性が高すぎて、他が霞む。なぜ?

ITは1161万円で、全体平均の1.7倍

f:id:kate-san:20210223192150p:plain

※単位は万円/人

 

情報通信産業の雇用者数の推移

情報サービス業が、このブログでよく話題にあがるSIerが属するところです。最も雇用者数が多く、伸びています。情報サービス業は、生産額も見てみると上向きなので、どんどん人を雇っているという状況となります。

 

f:id:kate-san:20210223195607p:plain

※単位は千人

 

IT業界は好調ということですね。コロナでどのような影響が出たかは気になります。