SESについて2

<質問>

SES契約をして、労働者が1人で客先常駐は違法か?

 

<解答>

必ずしも違法ではない。

・違法

1名常駐で、その1人が現場作業者と管理責任者を兼任。(下記、4. 管理責任者の兼任より)

 

・合法

1名常駐で、その1人が現場作業者、営業担当など常駐してない人が管理責任者。(下記、管理責任者の不在等より)

 

<さらなる疑問>

企業間契約で、A社(発注側)とB社(受注側)でSES契約を締結して、B社の雇用している労働者をA社にSESで常駐した場合には、状況により、違法になったりする。

 

もし、

・A社(発注側)と個人事業主(受注側)

・A社(発注側)とB社(受注側)※B社は、社長のみの会社
の場合は、37号告示はどうなるのか?

 

【参考資料】

労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準(37号告示)関係疑義応答集

https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/gigi_outou01.html

 

労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」(37号告示)に関する疑義応答集

4. 管理責任者の兼任

Q

請負事業主の管理責任者が作業者を兼任する場合、管理責任者が不在になる場合も発生しますが、請負業務として問題がありますか。

A

請負事業主の管理責任者は、請負事業主に代わって、請負作業場での作業の遂行に関する指示、請負労働者の管理、発注者との注文に関する交渉等の権限を有しているものですが、仮に作業者を兼任して、通常は作業をしていたとしても、これらの責任も果たせるのであれば、特に問題はありません。また、管理責任者が休暇等で不在にすることがある場合には、代理の者を選任しておき、管理責任者の代わりに権限を行使できるようにしておけば、特に問題はありません。ただし、管理責任者が作業者を兼任しているために、当該作業の都合で、事実上は請負労働者の管理等ができないのであれば、管理責任者とはいえず、偽装請負と判断されることになります。さらに、請負作業場に、作業者が1 人しかいない場合で当該作業者が管理責任者を兼任している場合、実態的には発注者から管理責任者への注文が、発注者から請負労働者への指揮命令となることから、偽装請負と判断されることになります。

 

 

労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」(37号告示)に関する疑義応答集(第2集)

管理責任者の不在等

問8 請負労働者が発注者の事業所で1人で請負業務を処理しています。そ
こには、請負事業主の管理責任者は常駐しておらず、請負労働者や発注者
との連絡調整のため、必要に応じて巡回して業務上の指示を行っています
が、請負業務として問題がありますか。

 

→ 請負業務を行う労働者が1人しかいない場合、当該労働者が管理責任者を兼任することはできず、当該労働者以外の管理責任者又は請負事業主が、作業の遂行に関する指示、請負労働者の管理、発注者との注文に関する交渉等を行う必要があります。しかし、当該管理責任者が業務遂行に関する指示、労働者の管理等を自ら的確に行っている場合には、多くの場合、管理責任者が発注者の事業所に常駐していないことだけをもって、直ちに労働者派遣事業と判断されることはありません。

なお、労働者派遣事業と判断されないためには、管理責任者の不在時であ
っても、請負事業主が自己の雇用する労働者の労働力を自ら利用するものであること及び請け負った業務を自己の業務として相手方から独立して処理するものであることが担保される必要があり、例えば、発注者と請負事業主の管理責任者との確実な連絡体制をあらかじめ確立しておくことや、請負労働者の出退勤管理を含む労働時間管理等労働者の管理や業務遂行に関する指示等を請負事業主自らが確実に行えるようにしておくことが必要です。