準委任契約(SESで発注側が作業者を選べるのか?

選べない。

 

<理由>

労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」(昭和 61 年労働省告示第 37 号)8第 2 条第 1 号ハ(2)に抵触して、労働者派遣契約と解釈される可能性があり、偽装請負とみなされる可能性があるから。

 

労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準

https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/gigi_outou01.html

f:id:kate-san:20210611222219p:plain

 

IPAアジャイル開発版「情報システム・モデル取引・契約書」に以下の記載があり、

上記の理由は正しいと思われる。

f:id:kate-san:20210611222703p:plain

https://www.ipa.go.jp/ikc/reports/20200331_1.html

 

 ここにもかいてある。

f:id:kate-san:20210611223340p:plain

 https://slidesplayer.net/slide/11493979/

 

 

でも、「あなたにこの仕事をお願いしたいの!」みたいなのあるじゃん。

あの名医に頼みたい、この弁護士に頼みたい、この技術者に頼みたいとか、それもダメってこと?第 37 号告示は、会社間の取引についてなので、医者や弁護士や技術者が会社に所属していたら、指名はできないの?

 

指名はできないけど、要望を言って、聞いてもらえばいいということ?

立場の強い発注側が、要望という名の命令をすればよい?

契約は、そもそも当事者間の自由なので、 関係者全員が納得すれば、それはまたOKということなのか?

 

だれか、教えてください。