デジタル庁ウォッチ②

2021/6/4に組織図が出てきました。

f:id:kate-san:20210614205540p:plain

https://www.digital.go.jp/about-us

 

募集の第3段として、以下の役職を募集

<任期付常勤職員 令和3年9月1日~令和5年8月31日>

 

・デジタル社会共通機能グループ グループ長

=(採用予定官職:デジタル事務官(デジタル庁統括官(仮称)))

 ・省庁業務サービスグループ 次長

=(採用予定官職:デジタル事務官(デジタル庁審議官(仮称)))

 

<任期付非常勤職員 採用日から令和4年8月31日>

・ Chief Architect (CA)

・Chief AI Officer (CAIO)

・Chief Design Officer (CDO)

・Chief Innovation Officer (CIO)

・Chief Information Security Officer (CISO)

・Chief Product Officer (CPO)

・Chief Technology Officer(CTO)

・Chief Transformation Officer (CTrO)

※応募期間:2021(令和3)年6月4日(金)から6月24日(木)18時15分まで

 

 

f:id:kate-san:20210614234724p:plain

 

 

常勤の職種は、「一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律」で給与が規定されているそうです。

 

計算してみると、

号俸 俸給月額 年収(地域手当東京20%、ボーナス込み3.35)
1 ¥374,000  ¥6,889,080 
2 ¥422,000  ¥7,773,240 
3 ¥472,000  ¥8,694,240 
4 ¥533,000  ¥9,817,860 
5 ¥608,000  ¥11,199,360 
6 ¥710,000  ¥13,078,200 
7 ¥830,000  ¥15,288,600 

 

デジタル社会共通機能グループ グループ長

は、1300万から1500万

 

省庁業務サービスグループ 次長

は、1100万から1300万

でしょうか。

 

非常勤の技術職であれば、尖った知識や経験があれば、なんとかなる気がする。しかしながら、常勤の上の方の職種は、一般企業で働いていた人に勤まるもんなんでしょうか。誰が採用させるのか楽しみです。